実績報告 陶祖之郷プロジェクト

歴史ウォーク「参平道を行く」 PartⅠ

陶祖李参平公の足跡をたどり、往時の時代背景の中で有田焼創業時の姿をしのぶことを目的に、有田焼史に興味を持つ参加者を募り、平成25年11月4日に一般参加者44人と一緒に専門家の解説を聞きながら、李参平公らが泉山磁石場を発見するまでの往時の史跡がある多久市(唐人古場窯跡、圓通寺、高麗窯跡)、有田町(天神森窯跡、小溝窯跡)を巡りました。

 

←戻る

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark