登り窯の規模

 以前、登り窯には割竹式と連房式があることを記しました。竹を半分に割ったような形状の割竹式と団子状の焼成室を連ねる連房式です。肥前の近世窯業成立期の窯はすべて割竹式で、連房式はやや遅れて1590年代ないしは1600年代に誕生したものと考えられます。しかし、1600年代頃には割竹式は消滅し、すべて連房式になりました。そのため、その頃に窯業のはじまる有田の窯は、すべて連房式です。

 この登り窯の規模は、窯の種類によって異なり、各焼成室の規模も時代とともに変化します。たとえば割竹式の場合、全長は大きくても20m程度です。しかし連房式では、1630年代以前の窯でも小さくても30m程度で、大きいものでは60mを超えます。そして、17世紀の中頃には100mを超えるものも見られるようになります。この登り窯が、最も巨大化するのが18世紀後半~19世紀頃です。全長100mを超えるものも珍しくなくなり、150mを超えるのものもありました。

 焼成室の規模としては、割竹式の場合、岸岳(唐津市)の窯は横幅、奥行きともに2m程度ですが、文禄・慶長の役を通じて伊万里市あたりに築かれた窯は、奥行きの長い縦長の形状で、横幅は1.5m前後しかありませんでした。つまり、同じ割竹式でも種類が異なります。

 連房式の場合は、1630年代以前の窯では、焼成室はほぼ正方形で、横幅は2~3m程度の大きさです。そして40年代頃には横幅3m台が一般的になり、50年代になると4m台、17世紀後半には5m台と徐々に大型化しました。そして、18世紀後半以降に築かれた窯では7~8m台が一般的です。

 このように、登り窯が大きくなる技術的な要因としては、築窯方法の変化があります。有田では、窯に用いられる耐火煉瓦をトンバイと言いますが、これを使用する割合が時代によって異なるのです。17世紀の窯の場合、原則的にすべて粘土を塗り固めて造っており、トンバイは温座の巣と称される焼成室と焼成室の間の通焔孔を造るのが主な用途でした。しかし、18世紀になると焼成室の奥壁はすべてトンバイを積んで造るようになり、18世紀後半には側壁も含めて全体をトンバイを組み合わせて造るようになったのです。

 文献史料などから、有田の窯で最も焼成室の数が多いのは18世紀後半の広瀬向窯跡(3号窯跡)で、30ないしは33室もありました。ただし、この時期の窯は、通常焼成室の奥行きは4~5m程度ですが、この窯の場合3m台しかなく、全長は100~110m程度と推測されます。これに続くのが、『皿山代官旧記覚書』の文化十一年(1814)の記録にある泉山本登(年木谷3号窯跡)の29室で、全長は120~140mほどと推測されます。

 この頃には、内山に12基、外山に7基、あわせて19もの登り窯が煙を上げていました。最低でも全長50m程度、100m近い窯も珍しくないので、丘陵の下部から頂上まで窯が登っていたものと推測されます。それが19もあったのですから、さぞや壮観な眺めだったに違いありません。(村)

広瀬向3号窯跡

資料館ホームページへ戻る

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメントは受け付けていません。