登り窯のはじまり

 現代では、九州は日本でも窯業の盛んな場所の一つです。しかし、中世までは全国的に知られるような産地は皆無で、古代の須恵器の流れを汲む軟質なやきものが、細々と作られていたようです。その大きな原因の一つが、大陸に近かったことです。中国や朝鮮半島などのやきものが輸入されるため、自前で準備する必要もなかったのです。

 この状況に大きな変化が現れるのが、1580年代の後半頃のことです。当時、波多三河守親が山頂に城を構えていた岸岳(唐津市)の丘陵に、突如として、やきものを焼く窯が築かれたのです。成立の経緯については、今のところよく分かっていません。しかし、窯の構造や窯詰めの際の窯道具などから、朝鮮半島の技術であることは明らかです。これが“唐津焼”のはじまりです。

 特徴はいくつかありますが、その一つが最初から窯内を隔壁で仕切って小さな焼成室を連ねる登り窯が用いられたことです。当時の日本にはまだ登り窯はなく、古代の穴窯を改良したものが使用されていました。そのため、温度を均質にすることが難しく、窯の規模も小さかったのです。

 その後、文禄・慶長の役(1592~98)によって、再び朝鮮半島から多くの人々が連れ帰られました。そうした人々によってはじまったのが、福岡県の“上野(あがの)焼”や“高取焼”、鹿児島県の“薩摩焼”、山口県の“萩焼”などです。また、こうした技術が他県にもひろがって、九州各地に窯場が開かれました。つまり、九州の近世窯業は、それまでの国内の既存の窯業地の技術ではなく、もっぱら先進的な大陸の技術によってはじまったことに特徴があります。こうした技術の優位性もあって、九州は瞬く間に日本の窯業の先進地へと生まれ変わったのです。

 唐津焼に代表される九州の窯業が台頭したため、そこで使われた登り窯も日本の既存の窯業地の注目を集めました。当時、日本の最高級品と言えば美濃焼(岐阜県)でしたが、さっそく元屋敷窯(土岐市)という登り窯が築かれています。そして、次第に普及していき、登り窯が普通になって行ったのです。

 昔風の焼成方法と言えば、日本のどこでも、薪を燃料とする登り窯を用いるというイメージがあります。しかし、実は、それは最初唐津焼の窯として根付いたものが、直接的、間接的に全国に広まったものなのです。(村)

登り窯跡(広瀬向1号窯跡)

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメントは受け付けていません。