山辺田窯跡

有田町出土文化財管理センターでは、現在、発掘調査等で出土した一つ一つの陶片に、出土地点などを書く作業を進めています。この作業は、業界用語では“注記”とか“ナンバリング”とか呼ばれていますが、調査する市町村教育委員会や大学といった組織によってそれぞれの流儀があります。そのため、記述する基本的な項目には暗黙のルールはあるものの、すべてが同じというわけではありません。当然ながら、旧西有田町と旧有田町では異なっているため、合併後から記述内容の再統一を図ったり、発掘調査当時の諸事情できなかったものなどの注記を進めているところです。

現在は、ちょうど黒牟田の山辺田窯跡の注記が、臨時職員の方々により粛々と進められています。1972~75年度に発掘調査され、この調査に基づく報告書の遺構編が1980年、遺物編が1986年に発刊されています。すでに40年近くも前の調査なので、もちろんわたし自身は関わっていません。ただ、もしかしたら、有田で見た最初の窯跡の出土資料だったかもしれません。というのは、報告書の遺物編の作成の際、東京にある大学の方で、出土品のトレース作業に関わっていました。そして、大学からの命ではじめて有田を訪れ、資料館で陶片の写真撮影を行ったからです。まさかその当時、その後有田に定住することになろうとは思ってもいませんでしたが。

山辺田窯跡は、いわゆる古九谷問題で、現在に至るまでずっと関わりの深かった窯跡です。これまで山辺田窯跡の登場する原稿を、どれほど書いたか分からないくらいです。そういう意味では、なかなか腐れ縁の陶片達なのです。ただ、自分で手がけていない発掘資料は、現場での記憶がない分、状況を把握することがかなり困難です。おまけに、1号~9号の窯が近接したり重なったりしながら発見されているため、どの出土資料がもともとどの窯跡の焼成品であったのか、今のところ、正確には分かっていないのです。実は、現在何号窯跡の製品とかと紹介されているものは、それぞれの窯体の付近から出土しているということに過ぎないのです。

出土遺物がコンテナ800箱以上もあるため、これまでなかなか詳細に見直す機会すらありませんでした。きっと今回の注記の作業中が、最後のチャンスかもしれません。幸い、各窯の焼成室床面から出土しているものも多そうなので、もう少し各窯の位置付けがはっきりさせられるのではないかと思っています。焼成室床面に残された製品というのは、通常、その窯で最後に焼かれた製品です。つまり、窯の廃棄年代が分かるのです。それを各窯の位置関係などと組み合わせて考えると、各窯がどのような変遷したのかが分かってくるかもしれません。古九谷問題の整理のためにも、これはぜひやっておく必要があります。

このように、発掘調査の資料は、保管しているだけでは何も語ってくれません。扱う側がそこからできるだけ多くの情報を引き出し、他の窯跡などの情報とも有効に結合させることによって、はじめて歴史を語る素材となるのです。 (村)

山辺田窯跡の出土品

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメントは受け付けていません。