酷暑の日々を思い出して…

日ごと寒さが増してきました。そんな夏があったかいな?といわれそうですが、電気不足が叫ばれる中、皆様のお宅では今年の猛暑をどのように過ごされたでしょうか?佐賀県では節電のキャンペーンが実施され、私事ながら我が家も昨年比13%減が達成できたので応募したところ、ささやか?ながら2カ月連続で当選(宇宙科学館の招待券、グリコのお菓子等など)。

実は我が家は終戦後に祖父が建てた古い家で、内装こそ父、そして私どもの代で何度か手を加えたものの、屋根だけは多少こだわって昔はよく見かけた葦葺きを堅持しています。ちょっと前までは近所でも同じような家が何軒かあったのですが、徐々に姿を消していきました。

今年は特に節電が叫ばれたこともあって、意地になってエアコンをつけませんでしたが、それでも隙間だらけの家?なので扇風機で十分でした。清少納言がいう「のつくりやうは、をむねとすべし」を秘かに実践しているわけですが、その代わり、山裾にあって前面の竹木(他家の所有)が生い茂ってきた我が家の冬は日照時間も短く、これから寒さに弱い身にはひたすら忍耐を要する日々が続きます。 (尾)

 

2002年の葺替工事。葺手棟梁は古賀さん(嬉野市在住)

 

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメントは受け付けていません。