古都アンティグア・グアテマラ

 今年の夏から秋にかけて、グアテマラに行ってきました。多くの人に南米に行ってきたのですね、と言われました。帰国時の福岡空港の税関でもそう言われました。でも、実際にはグアテマラは南米ではありません。中米です。大陸的にも南米大陸ではなく、北米大陸です。よく間違えられます。

 現在、グアテマラは非常に治安が悪いところとなっていますが、私が滞在したアンティグア・グアテマラは、グアテマラで唯一安全な街とも言われている平和で穏やかなところです。1773年の大地震で壊滅してしまうまで、グアテマラの首都でした。町のいたるところに地震によって破壊された教会などの廃墟が見られます。

 今回はアンティグアの民宿に泊まって、サント・ドミンゴ修道院遺跡とベアテリオ・デ・インディアス遺跡の出土遺物の調査を行いました。場所はカサ・サント・ドミンゴ博物館の地下倉庫です。博物館員のサントスさんに磁器を中心に見せてもらい、数十点の有田焼の破片を見つけました。今から約350年前に長崎から積み出されて、マニラに輸出され、さらにはるばる太平洋の波濤を越えて運ばれたものです。毎回のことですが、実測作業にとりかかる前にどうしても感慨にふけってしまいます。(野)

 

アグア火山とアンティグアの町並み

 

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメントは受け付けていません。